【VIG】2ケタ年数連続増配の超優良企業で構成されたおススメ度No.1のETF

保有銘柄紹介
もぐすけ
もぐすけ

どうも!もぐすけです!今回は今注目の連続増配ETF【VIG】について解説していきます。

ユフィ
ユフィ

連続増配…!!いい響きです!!

こんな方に読んでほしい
  1. 高配当の企業より連続増配の企業が好きな方
  2. 高いトータルリターンに期待できるETFを探している方
  3. 5年後、10年後の将来性のあるETFに投資をしたい方

ユフィ
ユフィ

先輩!ではさっそく基本情報からお願いします!!

VIGとは?

基本情報

  • インデックス:ナスダック米国ディビデンド・アチーバーズ・セレクト指数
  • 経費率:0.06%
  • 直近分配金利回り:1.89%
  • 銘柄数:212銘柄
  • リバランス:年1回
  • 純資産額:約6兆円
  • 設定日:2006年4月27日

運用方針

VIGとは、世界3大資産運用会社であるバンガード社が運用する、ナスダック米国ディビデンド・アチーバーズ・セレクト指数に連動する投資成果を目的としたインデックスファンドです。

ユフィ
ユフィ

簡単に言うと?

もぐすけ
もぐすけ

不動産(REIT)を除く10年以上連続増配の優良企業で構成されたインデックスファンドだね!

ユフィ
ユフィ

10年連続も増配を続けている会社がアメリカには何百社もあるんですね…!!

もぐすけ
もぐすけ

因みにアメリカでは株主還元(配当)を重要視する会社が多くあって、50年以上も連続で増配を続けている会社が20社以上もあるんだよ!

経費率

VIGの経費率は0.06%です。

もぐすけ
もぐすけ

2019年までの経費率は0.08%だったけど、現在はVYMと同じ0.06%になってるよ!

ユフィ
ユフィ

さすが信頼と実績のバンガードですね!

分配金利回り

直近の配当利回りは1.89%です。

ユフィ
ユフィ

利回りはそれほど高くはないんですね。

もぐすけ
もぐすけ

連続増配を続けている会社は配当利回りより増配年数を意識しているからね。だから配当性向が低い(これから増配する余力のある)企業が多い傾向があるよ!

構成銘柄、セクター比率

もぐすけ
もぐすけ

これらがVIGを占める上位10銘柄だよ。

ユフィ
ユフィ

ウォルマートやマイクロソフト、P&Gやビザなど私でも知ってる会社ばかりですね!!

もぐすけ
もぐすけ

因みにiPhoneで有名なアップルも現在9年連続増配中だから、後1年経てばVIGに組み入れられる見込みになっているよ。

ユフィ
ユフィ

セクターを見ると一般消費財、資本財の割合が高いですね~。てゆうか資本財ってなんですか?

もぐすけ
もぐすけ

簡単に言えばBtoBのサービスを行っている企業だね。機械設備や原材料の製造などを行っている企業が資本財セクターに該当するよ。ポストイット(ふせん)のスリーエムや、航空機メーカーのボーイングが有名だね!

VIGに対する口コミ

もぐすけ
もぐすけ

TwitterでのVIGに対する口コミも見てみよう!

もぐすけ
もぐすけ

こうして見ると将来に期待して買っている人が多いイメージだね。後は他のETFと併用して買っている人も結構見かけたよ。

ユフィ
ユフィ

VTIやVOOをメインに一部をVIGへ投資するって感じですかね~

VIGのメリット

明確で分かりやすいコンセプト

VIGは10年以上増配し続ける企業に投資をするETFです。つまり連続増配=業績が好調なので、10年以上も業績が好調な企業に1本で投資ができるETFということになります。

増配というのは株主にとって直接的に実感できる信頼の証なので、そのような212の銘柄で構成されたVIGは、長期保有に最適の銘柄であると言えます。

ユフィ
ユフィ

もし会社が増配を続けることができなくなったらどうするんですか?

もぐすけ
もぐすけ

もちろんVIGの条件から外れることになるから、自動でリバランスをしてくれるよ。このただ持っているだけでリバランスをしてくれるっていうのもメリットの一つだね!

高いトータルリターン

Chart ETF Returns & Volatility – ETFreplay

こちらは直近3年のVIG,VOO,VYMのトータルリターンです。

VIGが緑VOOが青VYMが黄色で表されています。

VYMも直近3年間で16.8%と悪くない成績ではありますが、VIG、VOOは45%近くの伸びを見せています。

長期で見てもS&P500(VOO)に匹敵するトータルリターンを出せるというのは、VIGがかなり優秀であること分かります。

ユフィ
ユフィ

S&P500に近いトータルリターンを出せているってヤバくないですか!?しかも2019年はS&P500を上回ってますよ!!

もぐすけ
もぐすけ

2019年みたいな市場平均を上回る年はなかなかないけど、それでもかなり優秀だよね。

ディフェンシブ性の高い銘柄構成

Chart ETF Returns & Volatility – ETFreplay
Chart ETF Returns & Volatility – ETFreplay

上の図がコロナショック時の推移、下の図がリーマンショック時の株価推移になっています。※2008年の時にVOOはなかったため、VTIで代用しています。

もぐすけ
もぐすけ

大きな暴落時でもVIGのボラティリティ(値動きの幅)が一番低く、すぐに立ち直っているのが分かるね!

ユフィ
ユフィ

すごーい!!でも何でVIGは暴落の時にも強いんですか?

もぐすけ
もぐすけ

連続増配をしている企業は業績が好調だから不況の時でも売られづらいし、不景気時にも強いと言われる生活必需品、ヘルスケア、公益、通信で33%を占めているというのが大きいのかもしれないね。

経費率が安く、純資産額が大きい安全性

もぐすけ
もぐすけ

経費率は安ければ安い方がいいというのはもう知っていると思うけど、ETFの場合は純資産額にも注目した方がいいよ!

ユフィ
ユフィ

そうなんですね~!それは何でですか?

もぐすけ
もぐすけ

そのETFが他の投資家からも買われているかどうかの指標になるし、繰上償還(ファンドの解散)のリスクを下げるために純資産額の大きいETFを選ぶ必要があるんだ。

ユフィ
ユフィ

VIGの純資産額は約6兆円みたいですが、これって全体的で見るとどうなんですか?

もぐすけ
もぐすけ

約1,300以上あるETFの中で、VIGはトップ20位内に位置付けているよ。

ユフィ
ユフィ

じゃあアメリカでも超人気のETFなんですね!!

もぐすけ
もぐすけ

海外では高配当より増配を好む傾向があるからね!

将来の高配当化への期待

VIGの配当実績は2009年、2013年を除き、年々右肩上がりで増配を続けています。

ユフィ
ユフィ

【連続増配ETF】の名は伊達じゃないですね!

もぐすけ
もぐすけ

今現在の配当利回りは1.89%と低い水準だけど、これだけ配当額が右肩上がりだと5年後、10年後には連続増配かつ高配当株の最強ETFになるんじゃないかって期待が持てるよね!

VIGのデメリット

増配率は思ったほど高くない

1年3年5年10年
VIG7.62%5.33%6.13%8.10%
VTI4.85%9.46%9.22%10.13%
VYM2.26%8.81%8.29%9.30%

VTIやVYMと比較すると、増配率は一番低いことが分かります。

ユフィ
ユフィ

増配はしているけど、ゆるやか~に伸びていくイメージですかね?

もぐすけ
もぐすけ

そうだね。元々VIGは短期で売買するような銘柄じゃないから、「今すぐ高配当の株が欲しい!」って言う人には向かないかな。

増配年数の基準が低め

アメリカの企業は株主還元意識が強く、25年以上も連続増配をしている企業ですら50社以上もあるのに、それを10年以上の基準で構成銘柄を算出しているVIGは増配年数の基準が低いと言えるでしょう。25年以上であればリーマンショック、チャイナショック、コロナショックと何度暴落を経験しても増配をし続けているという経験と実績があるため、25年までいかないにしてももう少し基準を高めに設定してもよかったのでは?と思うところです。

ユフィ
ユフィ

10年前だとちょうどリーマンショックが終わったところでしょうかね?

もぐすけ
もぐすけ

そうだね。だから10年連続増配とはいっても大きな暴落を経験していない企業が多いから、当たり前だけど増配の年数が長いほど企業に対する信頼性は上がるよね。

まとめ

10年連続増配という明確かつ最強のコンセプトで、S&P500に匹敵するトータルリターンを誇るおススメのETF

ディフェンシブ性が高く暴落時の不安が軽減され、将来の高配当化へも期待できる

現状だとVOO(S&P500)やVTI(米国全体へ投資するETF)との差別化が薄い

もぐすけ
もぐすけ

因みに私はS&P500に連動する投資信託をメインにサブで保有するETFとして投資しています。ご自身の投資方針に応じて配当割合を変えてみるのもいいかもしれませんね!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました